日本の旅の記録2018、戸隠神社、善光寺編

b0271640_04213993.jpg

日本のパワースポットの一つ、戸隠神社に母と二人旅をしてきました。
母と二人旅をするのは、初めて。
親娘旅っていいものですね。

b0271640_04214952.jpg

奥社へと続く杉並木の参道。
樹齢を重ねた杉並木に流れるパワーはすごい!

この参道の道幅は狭いので、両側にそびえ立つ巨木の迫力をよけいに感じます。

b0271640_04215480.jpg

参道入口から、奥社までの道のりは、上り坂が2キロほど続き、
最後の方は荒い石段がダラダラと続く。
普段ハイキングで鍛えている私には、問題のない道のりだったけど、
母にはちょっときつかったようでした。
休み休み、ゆっくりと登って行きました。
b0271640_04215904.jpg

到着〜〜。
お参りをしてきました。

b0271640_04214564.jpg

参道にある隋神門。
光がキレイ。

泊まったところは、中社に一番近い宿坊の
「久山館」

b0271640_04220527.jpg

食事は新そばを使った、蕎麦懐石が用意されていて、
とーってもおいしかったです。

館内には、神殿があり、朝お祓いをしていただきました。
神主さんは、祝詞(のりと)の後、般若心境も唱えられていました。
神道と仏教が一緒になってる?と不思議な感じでしたが、

戸隠神社はかつて、

戸隠山顕光寺(とがくしさんけんこうじ)

という名前のお寺だったそうです。

戸隠神社がかつてお寺だった珍しい神社というのではなく、

「神社」「寺院」という違いが明確になったのは

明治維新後だそうです。

それ以前は、

奈良時代に仏教が伝来してから明治までの一千年は、

「神仏習合」「神仏混淆(しんぶつこんこう)」といって、

神社もお寺も一緒だったそうです。


初めて知りました。


b0271640_05532508.jpg

中社は、長い参道もなく、短い石段を登るだけで行けました。

b0271640_07324487.jpg

巨大な三本杉のうちの一つ。

b0271640_05532016.jpg

b0271640_07325848.jpg

これも三本杉の一つ。

光っていました。

杉さん、これからも長生きしてください。

戸隠の他の神社もすべて回りたかったんですが、
母の体力を考えて、これでやめておきました。

次は善光寺へ!

b0271640_05530519.jpg

長野駅から、てくてくと20分ほど歩くとたどり着きます。

b0271640_05530905.jpg

途中で寄ったお蕎麦やさん、
「藤木庵」

3種のたれでいただく、10割そば。
10割なのに、しっかりとした歯ごたえ、味も香りも大満足。

うどんもラーメンも自分で製麺できるけれど、
お蕎麦だけは、材料が手に入らないので、作れません。

美味しいお蕎麦を堪能できて幸せ〜。

b0271640_05525463.jpg

善光寺の文字の中に鳩が隠れています。
全部で五羽
わかるかな?

「善」の文字は牛の顔になっているとか。

粋な文字ですね〜〜。

b0271640_05525830.jpg

善光寺は、日本で仏教が色んな宗派に分かれる以前からあるため、
宗派を問わず、お参りができると言われています。
だから人気があるんですね。

この歳になってくると、神社仏閣巡りが楽しく感じてしまいます。

付き合ってくれた母に感謝です。



読んで下さってありがとうございます。また遊びに来て下さいね。

にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村


ライフスタイルランキング

クリックして下さると嬉しいです。


[PR]
by kuniko923 | 2018-11-12 08:05 | Comments(0)

2008年より玄米菜食生活を始めました。アメリカのニュージャージーで手に入る食材を使って、日々おいしい物を研究中。好奇心たっぷりの日常を綴っています。


by kuniko923