人気ブログランキング |

手作り納豆

b0271640_3234644.jpg

納豆を手作りし始めて、二年が経ちました。
始めのうちは、粘りが無かったり、アンモニア臭かったり、豆っぽかったり、水っぽかったりと一定の品質に仕上げる事が、できませんでした。
それでも、たまにすごく上手にできる時があったんです。
どうしてだろうと色々と試して、ようやくうまくできるコツをつかむ事が出来ました。
b0271640_333521.jpg

これは、北海道の丸大豆の頂き物があったので、それを使って作ったものです。
とっても粒が大きい立派なものだったんですが、納豆菌は表面にしか繁殖しないので、大きい丸いままだとすごく豆っぽくなってしまいます。それで、荒く崩してひきわり納豆にしてみました。
すごく粘ります。
b0271640_3383466.jpg

こつは、柔らかく水煮した大豆を50℃くらいに急激に冷ましてから(うちわなどであおく)、納豆菌(又は納豆)を加えること。
大豆の水分はよく切っておくこと。
発酵させる温度は、38℃を超えない事。
24時間以上発酵させない事。
室温が高いときは、21〜22時間くらいでも大丈夫。
出来上がってから一晩冷蔵庫で寝かせてから食べる事。

納豆菌は、高温に強いと言われていますが、やはり高温にすると繁殖力は弱ってしまうようです。
納豆が繁殖しやすい温度を保ってあげるのがポイントです。

何度も作るうちに落ちついてきた作り方は、
1、一晩水に浸しておいた大豆の水を捨て、圧力鍋に入れて、ひたひたくらいの水を入れる。
2、強火にかけて、圧力がかかったら15分弱火にかける。
3、火を止めて、そのまま圧力が抜けるのを待つ。
5、大豆をうちわなどであおぎ、50℃くらいに急速に冷ます。
4、水に溶かした納豆菌を大豆にまぶす、又は、納豆を混ぜ込み、容器に入れる。空気が入るように少し蓋をずらしてかぶせる。
(納豆は、空気に触れるところにしか繁殖しないので、なるべく浅くなるように。)
6、クーラーボックスに15ワットの電気で温度(38℃)を保つようにセットして、大豆の容器を入れ、24時間発酵させる。
7、冷蔵庫で一晩冷やして出来上がり。

大豆は発酵させたものが一番消化吸収がいいようですね。
味噌、醤油、テンペなどが代表的。
おいしいものがたくさんあります。

読んで下さってありがとうございます。
また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
クリックして下さると嬉しいです。
Commented by k at 2012-10-08 08:28 x
はじめまして。いつもレシピを参考にさせてもらっています。以前勤めていた職場にVeganの同僚がいて、マフィンを作っていったら好評でした。レシピをまたどんどん載せてください。アメリカのオーブンで、作れるレシピがうれしいです。よろしくおねがいします。
Commented by kuniko923 at 2012-10-08 09:43
kさんこんにちは。いつも見て下さってうれしいです。
以前のブログに載せていたお菓子のレシピは、今月いっぱいで見られなくなってしまいすが、また新たにのお菓子のレシピを紹介して行きますね。今後ともよろしくお願いいたします。
Commented by のんちゃん at 2012-10-08 11:17 x
前回作ったのまぁまぁだった。今は麹菌で健康保っているけど、飽きたらまた納豆するかな。においがね、、、、旦那嫌がるんだよな。ため息。
Commented by のんちゃん at 2012-10-08 11:18 x
お姉ちゃんなくなる前にデータのバックアップはとった?私の前のブログは取れたよ。
Commented by kuniko923 at 2012-10-09 03:55
のんちゃん、圭ちゃんも納豆を見るたびにため息をついているよ。いやとは言わせないけどね。
ブログのバックアップは、やろうとしてもうまくできないの〜。超困っています。こちらのブログに移行させようとしても、できないの。写真は全部取ってあるので、お気に入りの文章だけコピーしてコンピューターに保存しておこうと思っています。
とりあえず、
by kuniko923 | 2012-10-08 04:04 | 納豆 | Comments(5)

2008年より玄米菜食生活を始めました。アメリカのニュージャージーで手に入る食材を使って、日々おいしい物を研究中。好奇心たっぷりの日常を綴っています。


by kuniko923