カテゴリ:麹( 8 )

b0271640_620507.jpg
先日、作った甘酒を飲み友達に出したら、「最近例の物を作らないの?」と言われました。

「ん?甘酒と言えば麹、麹と言えば、どぶろく?」

お〜、そういえば忘れていました。以前はよく作っていましたが、最近ご無沙汰でした。

仕込んだ麹がたくさんあるので、さっそく作ってみました。

b0271640_6204361.jpg
炊いたごはん、ごはんの半分の量の麹、イーストを少々、水を瓶の中に入れ、穴をあけたラップをかぶせて醗酵させます。

この季節は、常温で4日で完成です。一日一度かき混ぜて、ただ静かに置いておくだけです。

b0271640_6205416.jpg
じょうごとしノアで漉して出来上がり。
b0271640_6204754.jpg
ごはん三合でこんなにたくさんできちゃいました。

b0271640_620507.jpg
アルコール度は日本酒と同じくらいあります。
すごく濃厚な味。
乳酸菌を入れなかったので、酸味が少なく、飲みやすい味です。

飲み友達といただきました〜。

麹も自分で作っているので、めちゃくちゃコストパフォーマンスが高いです!


読んで下さってありがとうございます。
また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村
クリックして下さると嬉しいです。
[PR]
by kuniko923 | 2015-09-09 06:40 | | Comments(0)
b0271640_2501966.jpg
主人から「暑気払いに甘酒が飲みたいなー」とリクエストされました。

はい、麹から作っちゃいますよ〜。

夏の麹作りは、冬よりも温度と湿度が高いため温度調整がしやすく、作りやすいようです。

b0271640_2501158.jpg
まず、玄米を精米機で三分づきにします。

b0271640_2544885.jpg
一晩浸水させたお米を30分蒸します。

b0271640_2503192.jpg
90°Fくらいまで冷まし、麹菌をまぶします。余分な水分を取り除くため、寿司桶などを使うといいようです。

b0271640_2503818.jpg
煮沸消毒したさらしをザルの上に敷き、玄米を入れます。

b0271640_2503510.jpg
ビニール袋をかぶせ、84°F〜92°Fを維持するようにして、12時間程醗酵させます。

b0271640_2502332.jpg
12時間たったら、バットに広げ、さらに、84°Fから92°Fを維持しながら24時間保温して出来上がり!
白いフワフワした麹ではなく、緑っぽい麹になりましたが、これでも立派な麹。この緑色の麹で味噌も塩麹も、醤油麹も、甘酒も美味しく出来るんですよ。

b0271640_2502753.jpg
さっそく玄米甘酒作りに入ります。
炊いた玄米2カップ、水2カップを鍋に入れて強火にかけ、沸騰したら3分程煮てお粥を作る。
ボールにあけて、120°Fまで冷まし、麹を入れてよく混ぜる。
炊飯器に入れて、保温状態にし、ふたを開けたまま110°Fから120°Fくらいで6〜9時間保温する。

b0271640_2501966.jpg
出来上がった甘麹と、スイカ(黄色いスイカです)の種と白いところも全部入れてVitaMixで作った甘酒スムージー。
「うまいっ!」

醗酵実験、楽しませていただきました〜。
お疲れさまでした。(自分に)


読んで下さってありがとうございます。
また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ おうちカフェへ
にほんブログ村
クリックして下さると嬉しいです。
[PR]
by kuniko923 | 2015-08-24 03:16 | | Comments(2)
b0271640_6264138.jpg
このところ立て続けに「どぶろく」を作っているので、搾りかすである酒粕がいっぱいできます。
食べても結構美味しいんですが、酒粕パックなる物を作ってみました。

酒粕パックってこんなにすぐれものだそうですよ。

1. 美白にめっちゃ良い
実は日本酒以上に美肌にいいと言われているのが酒粕です。美白成分として有名なアルブチンや、抗酸化力の高いフェルラ酸などの天然成分を含んでいます。ちなみに食べても効果アリです。
2. 保湿効果もバッチリ
酒粕の酵母には、保湿成分も含まれているので潤い効果も大!ひじやかかとなど、かさつきが気になる場所には、上からサランラップを貼れば保湿パックにもなる万能パックなんです。
3. お肌の老化を防ぐ
酒粕に含まれるコウジ酸が老化の原因である糖化を防ぎ、若々しい肌を保つ効果が期待できます。

材料費もかからないときたら、もうやってみるしかないでしょう。

作り方は簡単
酒粕100gに水(浄水器の水又は精製水)50ccを入れて滑らかになるまで練ったら出来上がり。

洗顔した顔に塗って、
b0271640_6271797.jpg
日本からのおみやげのパック用のシートを水で濡らして顔を覆い、10分置きます。ペーパータオルやティッシュ又はラップでもいいと思います

洗い流して完了。

お肌がしっとりしているのを実感!
しばらく続けてみよう〜。


読んで下さってありがとうございます。
また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
クリックして下さると嬉しいです。
[PR]
by kuniko923 | 2014-02-19 06:45 | | Comments(0)
b0271640_9512192.jpg
毎年1月にお味噌を大量に仕込むんですが、その前に麹を仕込まなくてはなりません。
オーガニックの玄米麹は売っているんですが、かなり値段が高いので、一昨年から自分で作る事にしています。

でもね、これが失敗が多くて、、。
温度の管理をちょっと怠ると、すぐに乳酸菌が優勢になってしまって、酸っぱくなってしまうの。
失敗した麹は、「どぶろく」にしちゃいます。
b0271640_9512560.jpg
4〜5日発酵させると、出来上がり。
b0271640_951401.jpg
甘酸っぱくて、濃厚な、結構アルコール度の高いお酒が出来上がりました。
乳酸菌たっぷりで、体に良さそうです。


麹はクーラーボックスで保温して作るため、大量に作る事が出来ず、少しずつ何度も作る事になります。一週間は麹の甘い香りに包まれていますよ。

さあ、来週は味噌作り!


読んで下さってありがとうございます。
また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
クリックして下さると嬉しいです。
[PR]
by kuniko923 | 2014-01-20 10:06 | | Comments(0)

暑い日に冷たい甘酒

b0271640_6544880.jpg
ようやくお天気が良くなったと思ったら、暑い、、。しかも日本並みに蒸し暑い。

自家製麹を使って甘酒を作ったので、冷たくしていただきました。
ショウガの絞り汁をたっぷりと入れて、塩も少々加えます。甘さはお好みで水で調整します。

あ〜おいしい。

体にしみ入る感じでした。


麹で作った甘酒は「飲む点滴」と言われています。
ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、食物繊維、オリゴ糖や、システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、そして大量のブドウ糖が含まれていて、これらの栄養はいわゆる栄養剤としての点滴とほぼ同じ内容だそうですよ。

夏バテ防止に、もう一杯!

ーーーーーーーーー

材料
炊いたごはんーー2カップ
水ーー1と1/2カップ
麹ーー1カップ
お湯(40℃)(104°F)ーー1/3カップ

作り方
1、麹にお湯を加えて混ぜておく。
2、炊いたごはんに水を加え、数分煮てお粥を作り、ボウルに移して50℃(122°F)くらいまで冷ます。
3、1と2を会わせて混ぜ、40℃〜50℃(104〜122°F)の状態で6〜9時間おき、発酵させる。60℃を超えると麹の力が弱くなって甘くならないので注意しながら、時々かき混ぜる。
4、好みの甘さになったら、発酵を止める。
5、この状態で保存すると発酵が進んで味が変わってしまいますが、すぐに使い切る場合はこのままで、すぐに使い切らない場合は10分程火を通して、塩をひとつまみ入れる。
6、滑らかにしたい場合は、ミキサーにかける。

発酵は、炊飯器に入れて、蓋を開けたままの状態で発酵させました。他にヨーグルトメーカーやスロークッカーで湯煎にかけるなど、工夫してみて下さい。
玄米ごはんや、玄米麹を使うと、またコクがあっておいしいですよ。


読んで下さってありがとうございます。
また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
クリックして下さると嬉しいです。
[PR]
by kuniko923 | 2013-07-06 07:05 | | Comments(4)
b0271640_4482940.jpg
自家製麹で仕込んだどぶろくが、出来上がりました。
気温が低いために、ゆっくりと発酵が進んだようです。
これね、すごく酸っぱくて、ちょっと甘いの。コクがあって、少しトロリとしていて私は好きな味。
毎晩飲んでいますよ。アルコール度はどれくらいなんだろう?コップに2杯も飲んだらいい気分になっちゃいます。
この酸味は乳酸菌がたっぷり入っているから。
健康にも、良さそうです。
(飲み過ぎはダメね)

さて、どぶろくを濾した時に出来た、酒粕を使って一品作ってみました。
b0271640_4484493.jpg
この酒粕も酸っぱいんですよ。ローストしたビーツと酒粕、オリーブオイル、塩麹、梅酢で和えてみました。
酸味と甘味がよくあっていましたよ。

ごちそうさま。

読んで下さってありがとうございます。
また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
クリックして下さると嬉しいです。
[PR]
by kuniko923 | 2013-02-28 05:05 | | Comments(4)

ニンニク醤油麹

b0271640_135856.jpg

最近はっまているのが、にんにく醤油麹。
醤油麹を仕込む時に、皮をむいたニンニクを2~3個丸ごといっしょに漬け込むんです。
丸ごと漬け込むために、強いニンニクの匂いは無いんですが、旨味がアップ。
これをかけただけで、なんでも美味しくなってしまう。びっくりです。

b0271640_135692.jpg

ケールのニンニク醤油麹和え。
ちぎった生のケールにニンニク醤油麹とオリーブオイルを入れて、手でよく揉み混んでできあがり。
ごはんにもパンにも合います。

b0271640_14712.jpg

納豆パスタ。
納豆とニンニク醤油麹を混ぜ合わせ、よく粘りを出した物に、湯であげたパスタをからめる。海苔をたっぷりと散らす。

ごちそうさま〜。

読んで下さってありがとうございます。
また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
クリックして下さると嬉しいです。
[PR]
by kuniko923 | 2013-01-26 23:04 | | Comments(0)
b0271640_10152576.jpg

そろそろ味噌を仕込もうと思っているんですが、その前に麹を仕込んでみました。
玄米麹です。2日間かかりました。
白い麹菌が、ふわふわっとウサギの毛のようにびっしりとついて、食べてみるとほんのり甘い栗のような味がして大成功です。
生麹って、けっこうおいしいんですよ。

麹は発酵中に発熱するので、温度が高くならないように常に見ていなければならないんです。
温度は86°F〜92°Fの間くらい。
ちょうど仕事がお休みだったので、つきっきりでお世話していました。なんだかフワフワの麹菌がかわいらしく感じてしまいましたよ。

今回はこんな物を温度調節に使ってみました。
b0271640_10153587.jpg
爬虫類の暖房器具です。薄い板のようなもので、クーラーボックスの底に置いてみました。(一応一番底には金属のトレーを敷いてあります。)

b0271640_10154493.jpg
蒸した玄米に、乾燥麹をミキサーで粉にした物をまぶしてザルに入れ,さらしとビニールをかぶせて、セット完了。

b0271640_1015513.jpg
クーラーボックスの蓋を明けたり閉めたりして温度調節し、約40時間。

b0271640_10152576.jpg
完成〜!

これでさっそく醤油麹を仕込んでみました。
塩麹も乾燥麹より早く出来上がるみたいです。

さあ、次は味噌作り。楽しみながら頑張ります!

読んで下さってありがとうございます。
また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
クリックして下さると嬉しいです。
[PR]
by kuniko923 | 2013-01-20 05:05 | | Comments(0)

2008年より玄米菜食生活を始めました。アメリカのニュージャージーで手に入る食材を使って、日々おいしい物を研究中。好奇心たっぷりの日常を綴っています。


by kuniko923