カテゴリ:マリネ( 2 )

b0271640_2305593.jpg

これは、うちで一年中よく作るお惣菜です。
もちろん季節によって、入れる物は変わりますが、作り方はいっしょ。

簡単に出来て、作り置きが出来るので、便利ですよ。

ポイントは、野菜を陰性の物から順に重ねて行く「重ね煮」で火を通す事。
(重ね煮については、こちらを参考に。)

材料は、家にある物の有り合わせでいいんですよ。
うちではよく冷蔵庫のお掃除に、作ります。

材料
マリネ液

水ーー大さじ3
リンゴ酢ーー大さじ4
塩ーー小さじ1
梅酢ーー大さじ1
メープルシロップーー大さじ1
オリーブ油ーー大さじ1
黒こしょうーー少々
ディル(乾燥)ーー大さじ1

野菜
マッシュルームーー10個
赤パプリカーー1個
フェンネルーー1/2個
玉ねぎーー中1個(大きければ半分)
キドニービーンズ(水煮)ーー200グラム
キヌア(炊いたもの)ーー150グラム

作り方
b0271640_2321658.jpg
1、野菜は食べやすくスライスする。
2、図のように手で平らにならしながら、鍋に順に重ねて入れて行く。
3、マリネ液を上に注ぐ。この時、全体に混ぜなくてもいい。
4、鍋に蓋をし、3程分強火にかける。
5、火を止めて、全体をサックリと混ぜる。
6、大きめのボールに冷水を入れ、鍋ごと急速に冷やす。この時に味がしみ込むので、全体に味が行き渡るように、混ぜながら冷やす。
7、冷えたら出来上がり。

作ってから2〜3日した方が味がなじんで、美味しくなるようですよ。

☆キドニービーンズは、缶詰の物を使うときは塩分が結構入っているので、塩の分量を半分くらいに控えて下さい。

☆キヌアの炊き方ーーカップ1/2のキヌアをよく洗ってから鍋にいれ、カップ1の水を入れ、沸騰させる。その後弱火にして20分炊く。10分蒸らして出来上がり。

上の写真にはキヌアは入っていませんが、キヌアを入れるとマリネ液が全体によく絡んで、美味しくなるようです。

以前、ビーツとキドニービーンズで作ったマリネは、こちら

これからの季節は、トマトやナス、ズッキーニ、とうもろこし、オクラなどを入れてもおいしいですよ。


読んで下さってありがとうございます。
また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
クリックして下さると嬉しいです。
[PR]
by kuniko923 | 2013-06-14 03:13 | マリネ | Comments(2)
b0271640_11271092.jpg

真っ赤な色が鮮やかな、ビーツとキドニービーンのマリネを作ってみました。
b0271640_1194277.jpg

ホントにきれいな色です。
うちの作り置き総菜の定番なんです。
これにアルギュラやキヌアを入れてサラダにしてもおいしいですよ。

材料
ビーツーー2個
タマネギーー中1個
キドニービーンーー(水煮)カップ1と1/2
人参ーー中1本

A
水ーー1/4カップ
リンゴ酢ーー60cc
塩ーー小さじ1
梅酢ーー大さじ1
米飴ーー大さじ1
オリーブオイルーー大さじ1
胡椒ーー少々
ディル(乾燥)ーー小さじ1
タイム(乾燥)ーー小さじ1

作り方
1、ビーツは皮付きのまま、3ミリくらいにスライスする。
2、タマネギは3ミリくらいの回し切りにする。
3、人参は3ミリくらいの薄切りにする。
4、厚手の鍋に、キドニービーン、ビーツ、タマネギの順に重ね入れ、Aの材料を全部入れて蓋をして強火にかける。
5、沸騰してきたら、2分程中火にして、火を止める。
6、ざっとかき混ぜた後、鍋ごと冷水を入れたボールに入れて、急激に冷ます。

もっと寒くなったら、オーブンでローストしたビーツが美味しく感じますが、今はちょっと酸味のあるマリネがお気に入りです。
急激に冷やすので、歯ごたえが残っていて、食感も好きです。
キドニービーンがとろみを出してくれて、ちょっとまったりとしていますよ。
色が秋っぽい?

読んで下さってありがとうございます。
また遊びに来て下さいね。
にほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ
にほんブログ村
にほんブログ村 料理ブログ ヴィーガン料理へ
にほんブログ村
クリックして下さると嬉しいです。
[PR]
by kuniko923 | 2012-10-20 11:33 | マリネ | Comments(0)

2008年より玄米菜食生活を始めました。アメリカのニュージャージーで手に入る食材を使って、日々おいしい物を研究中。好奇心たっぷりの日常を綴っています。


by kuniko923